女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

自己紹介

ふつうブログを開設したら最初の記事は自己紹介なんだよな、と他人のブログを眺めていて漸く気がつきましたのでここで自己紹介記事を一度挟ませていただきます。 私は都内某大学にて化学を学んでいます。学年は三年生、性別は女です。四年進級時に留年するこ…

出涸らし

紅茶ってどこまで出すのがちょうどいいのかしら、と言う問題が今のわたしの全てなのです。自分がなにを望んでいるのか、本当の気持ちがどこにあるのか全くもうわからないのです。だが現実のわたし自身はもしかしたらもうすでに108番茶くらいまで出た後で、も…

自分の境界

自分の興味の及ぶ範囲を際限なく広げて行きたいと、思うか。私は自分はそう思っていると、思っていた。何にでも興味がある、なんでも一度はやってみる、そんな人間であることが、理想なのだと信じている。かつては実際にそのような人間であったと自分は感じ…

切り取り売買

欲しいものがあった時、それを手に入れるために、それまでにどれだけの期間、どれだけのレベルのものを我慢していようと、あるいは、それを手に入れるために、それまでどれくらい努力していようとも、簡単に全てを捨ててしまうことがよくある。私は、その欲…

存在以上の価値

いろんなことが頭の中に浮かぶ、例えばどうしてうちの大学の門は修理したあと勾玉的なモチーフが大々的にあしらわれたのか。落し物という言葉は正しそうだけど、あ、あなたいま物落としましたよ。という日本語は正しいのか。そんな全ての問題を考えていても…

少女漫画定期購読

いつ頃から月刊誌を買うのをやめたのかなーとふと考えた。人生で最初に買った雑誌は多分幼稚園。パーパーヤーパパヤーパーパーヤー!幼稚園の1月号は小学館!っていうCM、どれみちゃんの時間にやってたのでそれを買ってもらったはず。今はもう廃刊なんだっけ…

長いものはちぎれる

他人の言動で日々歪められて行くわたしの認知。わたし自身が汚す思考の泉。好意的にみている人間の言うことを真に受けすぎているのか。あるいは、誰の口から出た言葉でも等しいか。 圧倒的な魅力があるのは、それがわたしの信頼を十分に勝ち取っているに同じ…

足し算の疾走感

急に1と1×1と1×1×1はどれが一番強いかなと気になりはじめた。わたしのイメージでは、1は個数で、1×1は四角で、1×1×1は箱、なんですが、どれが一番強いんやろう。直感的に字面から感じるパワーとしては1×1×1が強そうなんだが、ちょっと想像すると、1×1は缶バ…

年末に話したこと

年も明け少し経ちましたが年末の自分的ソレナ話を記録しておこうと思います。それにしても一月っていうのは三が日が過ぎると途端に魅力をなくしますね。繰り返しの節目を感じてとても嫌です。また一年生きなきゃいけないのか〜とか思ったりするし、かと思っ…

眠る前には

帰省しています。お友達と忘年会をして、オタ活をして、今日はデートをして、妹とママとお寿司を食べて、あしたはパパと遊びに行く。早起きをしなきゃいけないのに、まだ眠れずにいる。 布団の中でじっとしていると、まず足の指が汗をかく。ムズムズして、布…

高木雄也 ナゴヤドームを添えて

30分ほど前にHey!Say!JUMPの3大ドームツアー名古屋二日目終了しました。全てが高揚している、雨が降っていてちょうどいい、冬でよかった、名古屋めっちゃあったかい。 3年前にHey!Say!JUMPのカウコンに参戦して以来、紆余曲折を経て無事高木雄也ガチ恋オタク…

マジラブキングダム

タイトルと記事内容は関係ありません。プリンセスをタイトルで釣る気もありません。わたしがただ言いたいのは、2019年ていつやねん。 ところでわたしは今、同居人氏とともに東京を出て鈍行、はや4時間半、名古屋へ向かっております。Hey!Say!JUMPの高木雄也…

ハイチュウが遠い

知覚過敏なのか、なんなのか、ハイチュウを食べると歯が痛い。ハイチュウはまだいいだろう、この頃はグミを食べても歯が痛い。痛いのは大体中頃の歯。グミがあんなに大好きだった少女私はもういなくなってしまったのだ。でも最近のグミって硬いよね。もっと…

Endless Winter Assignment!

連日の深夜レポートでうつ病になったので、今日はミニスカートにハイヒールで偉そうに歩きます。来世はギャルになりたい。それか美人なお姉さんになりたい。いやほんとは中の上以上の男ならなんでもいいからなりたい。若さにすがるうつ病解消法以外を早く見…

一瞬のキラキラ

一瞬のキラキラのために、毎日頑張れるだろうか。私は頑張りません。10分後に手に入るキラキラがあったとしても、頑張れるだろうか。頑張らないだろうなと思う日が、最近は多いです。 なるべくなるべく努力をしたくない。正しい努力は必要だと、知っているが…

妹の誕生日

今日はわたしの妹の誕生日です。誰かの誕生日なんて、昔はもっとしっかりと覚えていて、心躍るイベントだったはずなのに、近頃ではラインでサクッとたんおめ!送って終わり。一緒のおうちに住んでいないということが、大きいとは思うけども。今年は父や母の…

負けず嫌い

わたしは他人のことをすごいと思っても素直にすぐにすごーいなどと言えない性分なのです。一回こっきりの知らない人になら言えるけれども、時々会うような、長いお付き合いをするような相手を手放しで褒めることは難しいものなのだ。たとえ全く交わることの…

処理

人に根暗そうだと言われた。根暗そうなのに案外外に行くんだねと言われた。その人からのその評価で少しも私の気持ちは少しも振れなくて、好意を抱いている人から言われたんだけれど、私は平気だった。本当は根暗ではないと思っているからなのか、本当に根暗…

高校生の時分に、戦国鍋テレビという神番組のコスプレを文化祭でやった。その衣装の1つに私と私のママとで作ったズボンがあって、それはゆるい素材ですので、いま私のパジャマになっていたんだけど、今日ふと気がついたら、股のところに穴が空いていた。き…

濃度

最近、人間関係について、いろいろ考えることが多い。いまは、精神に余裕がある。たぶん毎週の課題を適度にこなすことで頻繁に小さなゴールを経験できているから。この小さなゴールを自分で生成消費できるようになればきっともっと自由になれるんだろうな。…

消費

世の中には、3種類のビッチがいるとわかった。消費されるビッチと、消費するビッチと、消費させるビッチの三種類で、わたしは、真ん中と後ろのビッチは許せると思う。 基本的にビッチは見てて面白いので好きですが、消費されるビッチは馬鹿みたいだなと思う…

10ヶ月

これだけの時間を待たなければ出産できないの、完全に欠陥としか言いようがない、体外で赤ちゃんをすくすく育てる方法、早く開発されてほしい。 赤ちゃんが欲しかったらずっと何もできなくなるなんて耐えられない、22歳で大学行きながら、この先大学院生の間…

子孫繁栄

階段を下りるのが面倒なので、エスカレーターに乗る、なぜか速さが小さくなるのでエスカレーターの上を歩く、それでもまだ遅いので一段とばす、そして転げ落ちる、うーん、これが一番早い。 子供を産むことは、自分の存在を証明することに等しい。でも、ただ…

なまにくの色

有り体に言うと心が弾んでいる時、心はなまにくの色をしている。vividな血液が心に集まり、少しさわれば張り裂けようかというほどに膨らんで、薄くなった表面を透かして見える色がそれだ。これほどに引っ張られている心はもちろん痛くて、何度も足を組み替え…

アメリカ人が抱いてる赤ちゃんはかわいい(ヘンケン)

いやこれはほんとなんだけど、アメリカ人が抱いてた赤ちゃんはみんな可愛かったのだ。母体が大きいのでその小ささが際立ち本物のお人形のようでリアルぽぽちゃんでした。 そして私は今日も目先の厄介を取り除くことに終始していて、はるか先の幸せに照準を合…

終わらないkadai 生物化学

生物化学の課題をこなすのが苦手すぎる。何もできない。好きじゃなさすぎて何もできないということがあっていいのか。 でもできない。 なんでこんなに進まないのかわからない。やる気のために実験書も買ったのに、1ページもまともに読めない、日本語として認…

面白くないパターン

意思を表明することができるかどうか、これが人間に魅力を感じるかどうかの一つの指標となる。 会話においてでもある。自分で決めることを放棄しているやつとは会話を続ける気持ちにならない。ただの会話、というけれどそれもきちんと、自ら会話をリードする…

友達など人のお家から帰る時、家を出てドアを閉めてすぐにガチャン、と鍵をかけられるのがとても苦手だ。小さい頃は、自分の家でも、行ってらっしゃいと言った母が、わたしが家を出た途端にガチャン、鍵をかけるのがとても怖かった。締め出されたように感じ…

平凡な幸せ

中学や高校の時から、普通に結婚して普通に幸せな人生過ごせたらいいというようなやつらが、信じられなかった。負け組思考どんまい。と思ってバカにしてきた。そして今も、彼らのいうところの普通の幸せというものが具体的にわからないまま。無理をせずに手…

眠っている間に

人生が止まっている。誰にも会いたくないし、何もしたくない。もう何にもほしくないし、ただただ家にいたい。自分のために何かをする時間がたくさんあると、何もできなくなって、自分が本当にやりたいことが何もないことに気づいてしまう。他人のために無理…