女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

私が作った話

なまにくの色

有り体に言うと心が弾んでいる時、心はなまにくの色をしている。vividな血液が心に集まり、少しさわれば張り裂けようかというほどに膨らんで、薄くなった表面を透かして見える色がそれだ。これほどに引っ張られている心はもちろん痛くて、何度も足を組み替え…

以下

本日船に揺られながら夢うつつに書きました。自由詩になります。 *** 船の頭が海を叩く 水面が砕け 破片が飛んだが あっという隙も与えずに 白い瑞々しさは再び 海になる *** あー全部あかん、なんとかなりたい早くどこかに行って、新しい自分の世界で…

8月11日

目ざめてすぐに、今日は外に出なくてはならない日だとわかった。時計は午後1時を指していた。 ふらつきながら着替え、外へ。気分は沈んでいる。精一杯の平静を装いバーガーショップでバーガーとポテトを手に入れた。心臓がばくばくして、何でもいいから、台…