女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

プリズムのきらめき

 

本日は大学の先輩に連れられて、KING OF PRISM -PRIDE the HERO-を観賞してきました。前作を見ていなかったうえにいきなりの応援上映参戦で不安でしたが、キンブレ(オタク棒)二本をしっかりと握りしめてまいりました。

 

※これより先映画本編のネタバレ

 

本編上映前の新作映画広告が流れ出したとたん、シアター内あちこちあちこちから(これは誤字ではなく本当にあちこちあちこちから聞こえた)〇〇ありがとー!!の声があがる。若干気圧されたが、ここで負けてはプリンセスゴリラの名が廃るので私も負けずに声を出してみた。超楽しい。No more 映画泥棒の時とかすっげえ楽しい。このじてんでまあなんとなーく楽しみ方はわかったので、上映前にやってくれたのはめちゃくちゃよかった。

 

本編の内容についても書きたいことはたくさんたくさんあるんだけれど言語にしようとすると、しんどい......尊い......ばかりが並ぶ幼稚な物しかかけなさそうなのでいったん断念。今回は応援上映にフォーカスした記事にしようと思います。

 

応援ってついてるとおり、ショーのシーンや、主人公たちが泣いちゃうシーンとかはみんな頑張ってー!大丈夫だよ-!できるよー!とか応援するんですよ。ショーのシーンで萌豚になるときがもちろん一番快感なんだけど、それ以外のシーンもずっと楽しかったです。アニメならではの突っ込みどころの多い演出ってあるじゃないですか。おうちでアニメ見ててもいやそれはwwwさすがに無理wwとか言いながら見てるオタクいるよね?私です。その全部に誰がどのシーンで突っ込みを入れてもいい。快感。その突っ込みが秀逸だと周囲のオタクにウケる。それもまた快感。映画を楽しむ感覚を複数の視点から100人単位のオタクと共有できる楽しさ。一人でオタクするのが苦手なわたしにとってはこの上なく楽しい企画でほんとに最高でした。

 

内容に関して一応言いたいことだけ言わせていただくと(結局いうんかい)、プリズムキングカップは最高のイベント。タイガ君の衣装めちゃくちゃえっち。そしてかっこいい。カズキまじかっこいい。シンはそんなにかわいく踊ってどうするの、おばちゃんしんどいで。ルヰくん......パンツ見えてるよ。今日初めて女子のパンツが見えて興奮する男子の気持ちがわかったんだ。そしてヒロ。圧倒的キングのプリズムを浴びたババアはもうキンブレの色を黄色から変えられなかったね。ありがとう。アンコールに応えてくれてありがとう。エンディングの曲も最高でした。

 

キンプリ観賞を終えたババアは映画館を出ながら新宿バルト9のHPと自身のスケジュール管理アプリを交互に開く......次回観賞可能な日時を求めて。取り合えず来週、前作応援上映行ってきます。前作から見たいって言う人は新宿バルト9いけばいいと思うよ!

 

さらにババアの思考は続く。そう、うた☆プリ劇場版へと思いを馳せるのである。先日の6thライブにて制作決定発表がされたうたプリ劇場版である。きっとこのキンプリの大盛況ぶりを見て、同じ(?)アイドルアニメであるうたプリさんも応援上映を行うのであろう。楽しみではある、しかし不安でもあるのだ。実際ライブビューイングではすでにキンブレふられまくっているので今更何を騒いでいるんだこいつはとお思いでしょうみなさま。でもね、ライビュと劇場版アニメは違うと思うの。ライブの時はかっこいいアイドルたちに対して全力で萌豚になればいいだけなんです。ただ、一度でもアニメ版うたプリを見たことがある人ならわかると思うんだけど、アニメ版うたプリって結構突っ込みどころ多い。劇場版もきっとそうに違いない。と私個人はその点含めて大いに期待してるんだけれど、それらを突っ込みどころとして受け取られるのがNGなプリンセスたちがいるのもまた事実で、キンプリのノリを期待してうたプリ劇場版応援上映に参加するのはきっと違うんだろうなあ。でもどんな感じになるんだろう。めっちゃ楽しみ。キンプリを通ったプリンセスババアと、通ってないババアに分けて楽しんでみたいっていう気持ちもあるよね。実現むずかしそうだけど。

 

いっぱい書いて満足した。