女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

microsoft Wordむり

 

幼児の頃はいつも、電気を消して寝ようとすると、水色とピンクとのキラキラが天井に向かってくるから細い螺旋を描きながら登っていくのが見えてて、目をつぶってもずーっと見えてて眠れなかった。これなにーって聞いても誰も教えてくれないし、なくならないし、すっごいイライラしていた。その頃よく見た夢は、ツルツルのカバーに包まれたウレタン、ミシュランのキャラクターみたいなやつ、が、遥かな高さの壁となって両側から私を挟んでくる夢、いたくはない強さなんだが締め付けてくるのでそこから抜け出せなくてすっごいイライラして目覚めていた。どちらも、小学生の3年生くらいまでは毎日見てた気がするんだけど、今は2年に一度くらいしか見えない。

 

自分を客観視するっていう行為を認識したきっかけは、小1の時、自分ではこういう(^∇^)顔で写真を撮っているつもりだったんだけどあるとか写真を見たらただ目を細めていただけだったことに気づいた時。そこから時が流れて小2か3、ユニバに行った時の自分の写真見て、えっこいつ細い気持ち悪いっておもった(私のおもってた自分のビジュアルと違いすぎて無理だった)とき。さらに時が流れて、小6のとき、修学旅行で教師が撮っていた旅行の動画に出てきた自分がすっげ勢いで話しててドン引きしたのが極め付けで、客観的に見た自分の外観については期待を捨て蓋を閉め、内面ばかりをかえりみる人間になっていったように思う(人類の後退)。今思っても小6の自分勢い強すぎて無理だわ。よく他人私と話せたな。

ここでうまい感じに見た目修正に入ればよかったのかもしれないが、まだ時期尚早だったのだ。たぶん。今はかなり改善されたと思っているよ。はっきりいって下限以上の労力をかけてレベルを上げようと思うような日はほとんどないが、若いので耐えてる。ババアになったらくたびれる。

 

今日は、買ってもらったミシンちゃんが届くよ。早くズボンを作りたくて震えているが、文書作成がむりなせいで明日までの課題を出せていないので今日は遊べないかな〜〜という感じ。辛すぎる。しかも嫌いすぎてキヲクから滅却していた生物化学のテストも明後日に迫っていたようだ。むりすぎる。昨日の晩は、当初本日午後に予定していた日暮里繊維街ツアーを断念する決断をしながら悔しすぎて涙を禁じ得なかった。これで単位来なかったら無能すぎて多分体千切れるわ。