女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

だめ

もっと感情を行動のモチベーションにできたらいいのに。どうしてあいつに負けたくない、という気持ちで頑張ることができないのか、相手が私を対等な相手だと認識してくれないからかな。

 

例えば誰かに負けたとして、私こんなに頑張ってないのに勝てるはずがないじゃない。と、当然そう思う。この考え方は自分を傷つけまいと自己防衛をしているのかな、でも、今まではっきりと胸を張って自分は頑張った、と言えるようなもの一つもないと思う。

私のいくつかの作業の果てに良い結果が得られたときに、それを頑張ったからだよ。って、してしまうことはあるけれど、中途な結果しか得られなかった時と、良い結果が返ってきた時、どちらも同じくらいのことしか私は多分していなくて。結果から逆にみて、頑張ったからなんだって言っているにすぎない。

 

どうやったら正しい努力ができるんだろうか。やはり自分の認知を変えて行くしかないのか。今までと同じことをしていても、頑張ったね自分と、褒めてあげればいいのかな。でも自分にできることならそれって頑張ったと言えるのか。できるからやってるだけやん。意味がわからない。

 

自分がやりたいことを一つに絞って、労力を全振りしてみたい。簡単なことは他人に与えられた仕事をこなすこと。本当にすぐに肯定感が得られる。どんな小さなことからでも他者からの肯定的と捉え得る評価からは達成感を得ることができることは私の長所なのかもしれない。

他方、自分自身で自分を肯定してあげることは努力していても、これからもできるようになる兆しが感じられない。

 

こういうところはよくできる、と思ったとして、何と比べているのか、どこを標準に取れば良いのか全くわからないし(この話前もしたな)

 

せめて、この先、周りに比べてまだまだ自分だめだなってなってから、何かしらの行動を積もう、と思えるような回路を実装していきたい。