女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

図書館

雨です、お昼からTOEICなので、お勉強しようと思いましたが、雨です。駅に着いた時には全てのやる気がなくなった。でも家から出てしまったので駒込の図書館に来ました。化学の欄430をみたら、化学大事典と、30冊に満たない本しかなくてツマンネーとなってしまいました。わたしはニュートンをよむよ。今月の、想像を絶する太陽系外惑星、ドキドキする。

その前に人々のブログを読む。お友達後輩ちゃんが書いてたのに誘発されてわたしもかく。

 

理系の人間(わたし)は、文系の人間を蔑視していますか。答えは基本的にはい、そうですね。になる。丁寧にいうと、面白くない人間、大体の意味では向上心のない人間を蔑視しているので、この問いを投げられたらそう答えるしかないなーというだけ。だって文系の人とはほぼ完全に物事の捉え方、分析の仕方の癖が違うもん。普通に初対面で嫌いでしょ。文系だよ〜って言われると話す前からそれを覚悟して向き合えるからむしろ好きみたいなとこはある。たまにオオンすごいわみたいな人がいると、雨の中子猫に話しかけるヤンキー現象がおこって、めっちゃ好きになるんじゃない、しらんけど。まあでもだいたいは高校の化学もわかんないような人に一生懸命説明して、トンチンカンな視点から御意見もらってもイライラして終わりや。解散。

 

あとこれだけはマジで全人類にわかってほしいけど、わたしが相手に自分が最近知ったあれこれを話す時、相手から、へーめっちゃかっこいいやばいそれはすごいそーなの!?って言われたいだけだから、覚えておいてね。これは日常会話の気持ちで行われている会話なのです。映画見たの〜って話しかけられて感想いろいろ聞かされたあと、その人にえ?その映画ってなの役に立つの?って言わないね〜やばーい、わたしも見てみたーいっていうよ。そういうあれだから。わからないですか。