女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

眠っている間に

人生が止まっている。誰にも会いたくないし、何もしたくない。もう何にもほしくないし、ただただ家にいたい。自分のために何かをする時間がたくさんあると、何もできなくなって、自分が本当にやりたいことが何もないことに気づいてしまう。他人のために無理矢理やらねばならないことを自分の意思だと錯覚して進める方が何倍も何十倍も何百何千倍も楽チン。現に私は大学に行けなかった今日もバイトに行ける。 

 

やっているつもりのことを手に入れるのは簡単だけど、これから先はなるべくそういうものを避けていかなきゃいけないんだとわかっている。私は有意義な人生を欲しいと思っている。死ぬ間際に密度が薄すぎて何も思い出せなかったらとても嫌だし。なるべく自分自身のことで、毎日生きないとダメ。他人のことを、自分のことにしてはいけない。

 

目的の先を他人に合わせるのは心が弱い。ダサいのでやめたい。自分をどうにかすることを目的に変えないといけない。まだやり方がわかってないだけで、慣れればできる、はず。