女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

マジラブキングダム

タイトルと記事内容は関係ありません。プリンセスをタイトルで釣る気もありません。わたしがただ言いたいのは、2019年ていつやねん。

 

ところでわたしは今、同居人氏とともに東京を出て鈍行、はや4時間半、名古屋へ向かっております。Hey!Say!JUMPの高木雄也くんに会いに行くのです。オタ活年納め。今年は本当に、ジャニーズという素晴らしいコンテンツのおかげで年中楽しめました。ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

 

すぎたことは思い出せないので、今年の振り返り的なことはできません。まだ終わってないしな、今年。でも楽しかったと言える。来年はきっともっと楽しくなるよね、ハム太郎。という気持ちでまた、生きて行きたい。コンサートに行く前なのでこんなにも心が健康です。

 

旅のお供に、M&Mのチョコレートを携えているわけだけど、どうしてこのチョコレートは味がおんなじなのに、色が違うんだろうか。いつも少し気にして食べてみるけどおんなじ味なんだよな。そして東海道線の車内吊り広告はまだ年末ジャンボです。金曜日までで終わってなかったっけか。今日は中山競馬場有馬記念だそうですね、幼児の頃ぶりに競馬に行ってみたい気持ちがあります。賭け事大好き。

 

今お友達の地元の豊田まできました。

 

自分がうまくできないことの穴埋めを、他のことですることは健康なのかなということについて考え始めました。

例えば、数学が苦手なんだけど英語はできるからいいの、的なやつです。それは、他人から評価されるにあたっては十分な効果があるのかもしれないけれど、自分で自分を評価するにあたっては、全く意味を持たない、そのことに気がついている人ってどのくらいいるんだろうか。気づいていてもガンガン使いますが。〇〇ができないことの不足をを覆って余りあるほどの1つを持てることはきっと素晴らしい。

 

昨日、自分は全く気にしていなかったことについて、何度も何度も謝られる、しかも相手はそのことを気にしすぎて若干凹んでいる、という状況を経験し、少し自分のことを俯瞰できたような気がしました。私にとっては取るに足りない些細な出来事でしかなくて、謝られる道理もないと言い切れるような問題でしたので、はっきり言ってしょうもないことのように感じました。その時、かつて私が悩んでいることに対して彼氏が言い放った、しょうもないことで悩まんと元気にしといて、という当時の私にとって衝撃的(もちろん今でも衝撃的)な言葉、その言葉を発した彼の気持ちを追体験したのです。これか〜〜。いや確かにうざい。