女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

レモンのチョコレートが好きです

 

恋人ができれば、21になるが未だ人を好いたことのない私ですが、その先をあれこれと想像してみることがままある。世に蔓延る言葉に当てはめれば私は草食女子だ。男友達がいないわけではないし、大学生になってからは2名ほど、好意を寄せてくれた男性がいたが、その誠実さ(?)に確かに応えることができるほどの恋を見つけられずなんとなくそのままにしておくと、有耶無耶のうちに彼らは何もなかったことにしてくれた。

 

恋人ができれば、二人にしかわからないようなぼんやりとした幸せにいつも照れてにこにこと笑っていたい。

恋人ができれば、ご飯を食べる時のちょっとした仕草にも気を遣って、ぎごちなくヘラヘラしようか。

恋人ができれば、歩幅を合わせて小走りで、彼の後ろをついて行くだろうし、

恋人ができれば、この前焼いたクッキーをまた焼いて、やるじゃないかと褒められたい。

恋人ができればーーー私の妹には彼氏がいる!

 

彼女は今16歳なのだ。同い年の恋人と彼女の間には、どのような好きがあるのだろうか。

彼女は恋人のことを心配して心を絞られることがあるのだろうか。高めの声でおはようを作ったり、遠目に彼を見つければ可愛らしく駆け寄ったりするのだろうか。お弁当を作っていたところを見た。

精神上のつながりが、はっきりと感じられているのだろうか。毎日好きだと電話をかけるの?肉体の繋がりに思考を向けるのは流石に妹のこととはいえ、憚られようか。

好きを、発音する時、彼女の唇はどのような意志のもとに動くのだろう。彼を喜ばせたいがためだろうか、喉元にまで溢れた精神の高揚を言葉にすればそれにしかならないという、それなのか。それともごっこ遊び的に彼を好きな自分が好きなのか。オウム返しに彼の言葉をはね返しているのか。

 

経験していないことなのでわからない。だがどれをとっても、大人的な風格を感じる。どれも私がしたくないことではなく、できないことなのだから。人からプレゼントをもらった時でさえ、相手に同じ行為を返すことが怖かった私にはハードルが高い。渡せなかったプレゼントを、家族の誕生日に転用していることは、家族に知られてはいけない秘密の一つだ。