女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

体調不良

 

6/25から、書きかけの記事を残してずっとほったらかしていた。ずっと体調不良なのだ。

右の肩、首が痛い。寝付きの悪さからくるのか、頭痛と体に熱がこもった感じ。

この体調不良に直接原因と言えるようなものはないと知っていた。あれば嬉しいがないのだ。だがあまりにも病院に行け行けと言われるので仕方なく、今朝行った。

本当は先週の夕方にも行った。肩が痛くって骨が折れてるんじゃないかと思ったから。

原因に心当たりはありますか?ありませんか?何が痛いの?どうすれば痛いの?どんな風に痛いの?

それらの問いに的確に答えることが難しくて吐き気がした。わからないですと言うしかなくて不満げな対応をされた。リハビリのお兄さんに電気治療をやられて2,3日熱を持ったまま肩がますます痛んだ。牽引と同じく電気治療も嫌いになった。肩はまだ今も痛い。湿布を30枚くらいもらった。二度と行かない。

 

そして今日。

内科に行った。近所のおじいさんの内科。待合室にいる時点で、自分がなんでここにいるのかわからなかったし、朝は体調がいいので症状も自覚できずにこれまた的確に症状を伝えることが難しく、胃がムカついて食欲がないいわゆる夏バテ的なものだと思われたくさい。漢方を処方された。1日3回しかもお湯で飲めと言われた。ハードルが高すぎる。

 

その足で心療内科に行った。友人が心因性の病気ではないかと言ってきたからだ。あと眠れなかったのでお薬が欲しかった。病院で海藻みたいな髪の毛をのっけた、おじさんと話した。あなたはうつ病と診断するには元気すぎてダメだそうだ。若者にはよくある、壁にぶつかって一時的にやる気を失ってるだけだからきちんと生活すれば元に戻るらしい。よ。きちんと生活できればこんなとここねえから。涙が出た。なんか病気の方が良かったし。ただただ毎日しにたいなーとかきえたいなーとか思い暮らせとのお達しである。みんな思うらしいから。4年越しに初めて行った心療内科だったが二度と行かない。

病院は総じてクソだった。

 

もうこの先の人生インフルエンザ以外で病院には行かない。