女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

商売の海

 

前回に続き、夏休み記事です。

今年初めて知ったのですが、大阪ではお盆過ぎればクラゲが出るので海に行こうなんて言う奴はいない、でも関東ではお盆過ぎても余裕で海に入れるらしい。なので海に行きました。三浦海岸。はじめて海の家らしいやつに入った。おもしろい。写真です。全然混んでないし、ただの快適、来年も行こうっと。

f:id:gomitamechan:20180825015448j:plain

 

風があまりにも強くて、波がすごかった。15時50分に遊泳禁止になってしまい退散。

 

f:id:gomitamechan:20180825015725j:plain

サーフィンできるレベルやん、生身でぶつかって受け止めてやろうとしたらすごい三回転くらいして打ち上げられて、その後戻る波に引きずられておぼれる人の気持ちがわかった。

 

海の家の人からしたら、海はどういう風に見えるんやろうかと考えた。ただの商品になるのかなあ。それとも愛すべき対象のままなのだろうか。

 

こんなことを考えたのは、この数日前にも同じ事を考えたからだ。野球好きの人が企画した、プロ野球12球団のファンで集まって飲み会をしよう、という集まりに、誘われて参加をした。私なりの社会参加人格矯正プログラムである。無事に、楽しく話をして、お酒を強要されることもなく、しずかにはしゃいで、帰ろうかと言う段になった。ここで幹事の方が、発表があるとおっしゃった(まあ、その前にみんなで撮った写真の自分の写り込み方があり得んオタク然としていて凹んだという事件もあったが、それはまあ身の程)。彼の言うことには、自分は野球が好きだ、だから好きなことである野球を仕事にしたいと思う。ふーむ、この時点でやべえなと思ったけど帰るわけにも行かないので聞いた。続きます。自分は好きなことを仕事にしたくて団体を立ち上げた、と、そしてプロ野球のOBの方を招いて講演会を開くことに成功した、と、おもしろい話がたくさん聞けるからぜひきて欲しいと思う、と。完全に最悪だった。私の楽しかったきもちと社会復帰モチベが一瞬にして台無しにされたのだ。

好きなことを仕事にしたい、その気持ちはわかるけど、自分が好きなことをしている人を売り物にする、自分と同じものを好きな人を商売の対象にする、ということに抵抗がないのかな?とおもった。私は好きなものに対しては消費者姿勢を貫くことが本当の応援になると信じているので、とてもいやな気持ちになってしまった。

 

海は人じゃなくてものだけど、海がすきすぎて海の家はじめましたとか、そういう人いそうやなと思って、漫画とかやと、利益はほとんど無くてっもいいんです。海を楽しんでくれれば。みたいな感じやと思うけど、実際の世界ではどんな風な動機がそこにあるのかなっていうのが気になるのです。

 

ちょっと社会的な場所に行くと、こういうことばかり考えるようになっていやな気持ちになりがち、無駄な潔癖。

 

あした(今日)はウルトラコズミックなアイドルたちにオタクしに行きます。