女子大生雑記録

ここは、ほんとの部屋

たとえば

ゆるいしあわせがだらっとつづいたとする

みたいな歌を誰かカラオケで歌うじゃないか。その続きどうなったのかを思い出せない朝です。

 

この3日ほどのわたしは真性その反対ちゃんで、ゆるい気にくわないことがだらだらと続いて、昼間ぶちあげたしあわせゲージがタラタラと削られ続け眠れない夜へ続くカンジ。

 

このまえ電車でどこかのパパが、日暮里西日暮里はJRの駅の中で一番距離短いって豪語してたけどほんまなんかな?わたしが知ってる一番近いのは、京阪の土井滝井間。JRはわからん。

 

たとえばわたしの取るに足らない不幸は、親指のささくれが治らない。小指の荒れが治らない、左の掌の荒れ、左足指の荒れが治らない。たとえば耳の中で心臓の音がずっと聞こえる。たとえばレポートの用紙にお茶をこぼした。たとえばカードが限度額。たとえば、毎日同じことを繰り返しているように思わせてくる会話が存在する。

 

たとえば今は、恵比寿で人が線路に入ったせいで、電車が止まった。寒いのに駅でドアが開いたまま。