女子院生雑記録

22時ちょうど 東京駅発

電車は春の海へ

※これは一週間前のこと!

 

とっても好きなお友達と、久々におでかけした。たぶん二年ぶりくらい、ここ五年くらい時間の感覚が無いのであんまりわかりません。

 

青春18きっぷをもって、最寄りから1時間のりかえてまた1時間、和歌山のJR御坊駅まで行って参りました。わくわくしすぎて、久々に会う人なのでいろいろ脳内シミュレーションしたりして、あまり眠れなかったので、4時間睡眠で、電車では絶対ねるぞ、という気持ちだったのですが、おしゃべりしていたら一瞬だった。こういった高揚感もひさしぶり。会うのたぶん4回目?のひとと、ようやく打ち解けてきたのか、我々がお互いにコミュニケーション能力を密かに磨いてきた結果なのか(たぶんどっちも)この人こんなに明るくて元気な人なのね、どきどきしました。

 

彼の提案で向かった御坊駅でしたが、晴れていたのに風が強い日だったから、電車での旅にぴったりの日で、窓から明るさ、春の雰囲気だけをにこにこ眺めて、でもまだ冬なので、強すぎる斜めの日光はまぶしすぎて目を細めて、紀勢本線に乗り換えて突然見えた海にきゃっきゃした。

 

日本一短い私鉄の紀州鉄道に乗りました。海に向かってほんのすこしだけ、近づきましたよ。自転車なら併走できるくらいのスピードしか出ない。前の窓が大きくて横の窓も大きくて、なんか車内がやけにあったかくて、車体は結構揺れて、あっというまに目的の駅について。われわれを含めて5人くらいのっていたけど、きっと赤字なんだろうなあと、きっとそのうち無くなってしまうのかなあと、おもった。今日一人で来なくて良かったなと思った。いつか、紀州鉄道がなくなるニュースを読んだときにきっと一緒に来た人のことを思いだせるなって思うから。

 

海まで散歩。風が本当に強くて、あおられて海に落ちてしまうんじゃないかって怖かった。青じゃなくて、水色に近い海で、確かに和歌山の海はキレイだった。白浜にみんないく気持ちがわかった。もっと風がすくなかったら5時間くらいは海にいれたな。高まって愛を叫びそうな気持ちまでした。川のようにテトラの内側に流れてくるミズをみていたら怖くてそんな気持ちも引っ込んだ。

 

かえりの電車で友達が、道の駅的なところで梅干し変えて良かったって言ってて和んだ。

 

また一緒にどこかにお出かけしてください


f:id:gomitamechan:20200313174904j:image

f:id:gomitamechan:20200313175253j:imagef:id:gomitamechan:20200313174941j:image