女子院生雑記録

22時ちょうど 東京駅発

色んなものに興味持て

いろんなものを見て自分の好きなものが初めてわかる、というのは正しいと思う。好きなものを何回も見たり、聞いたり読んだりするのが好きだけど、なんでもないものを適当に数こなすこともよくやる。音楽のサブスクで、知らない声に疲れてきた頃に、突然流れてくる小倉唯に耳、脳までもがピギャるのがはっきりわかる。そういう瞬間が結構好きなので、良くも悪くもセンサーにかからないものを摂取するのを意識している。

 

とはいうものの、最近はモーニング娘。をずっと見てしまっていて、特に15期加入メンバーの3人、岡村ほまれ(ほまたん)、山崎愛生(めいちゃん)、北川莉央(おんちゃん)にどハマりしています。そしてさらにさらにほまたん、めいちゃんの二人を本当に推しています。なぜおんちゃんにセンサーが来ないのかを考えたら、やっぱり、女感の多少が影響していると思います。ほまめいは、女の子!でおんちゃんは女性という感じがします。私は女の子!なアイドルが好きなようです。小田さくらさんがブログに書いていたように、女性であること、を武器にしているアイドルを見て悲しい気持ちになってしまうからです。(本人にそんなつもりがなくても、そう受け取る隙を与えてしまい、結果そう受け取られたりしているから)

 

モーニング娘。のメンバーに対して忌避のような感情を抱いてしまうことが悲しいですが、でもアイドルってなんなんだろう、って最近よく考える。小田さくらさんは、歌を武器にしたアイドルであるモーニング娘。に憧れて入ってきたわけだけど、純に歌を武器にしたいならどうして歌手を目指さなかったのか?気になります。

 

色々書いたけど、

「人間関係 No way way」と「LOVEペディア」は名曲なので聴いてください。なるべく続けて聞くことをおすすめします!そしてLOVEペディアのPVで主人公格の3人が15期メンバーです。お願いします!