女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

ふぁぼ いいね の オキラク

 

私はSNSが好きだ。今やってるのはツイッター、インスタグラム、フェイスブック、このブログも入れれば4つ。好きな理由は文字が好きだから。いつでもなんでもいいから文字を読みたい。その点SNSは神で、知り合いの書いたものでなくても探せばそれこそ無限に文章が現れる。だが実際にはSNSで私が満足することはほとんどない。文字を読むだけでは満たされない欲がある。

 

1つには、文字を読むにしてもできる限り論理的な魂の叫びを読みたいという希望がある。○○しました。どこどこへ行きました、自分まだまだなんやな〜〜と痛感、明日からも頑張ろう〜!みたいなテンプレが溢れる。なあなあの決意表明、書く意味のない文章、読んでも透けてこない書き手の頭のなか。つまらない。まだ読んでて吐き気のする、顔本長文意識高い系の方がマシみたいなところがある。同じ質なら量を取るもの。

 

2つには、自分の発信に対してのレスポンスに不満がある。結局は寂しくてSNSに依存しているので、投稿に対していいね!ふぁぼ、つくだけではかなり不満なのです。魂の叫びには魂の叫びを返して欲しいと、密かに思い怒りさえ生まれる日もある。だからと言ってわたしも魂のふぁぼはしていますが。

 

最後に、人々、画像に情報発信担わせ過ぎ。