女子院生雑記録

22時ちょうど 東京駅発

4月終わる!大人

 

ブログを始めてから、三回目の自己紹介記事になる。わたしは女子大を卒業して、他大学の大学院へ進学し修士1年になった。ので、ブログのタイトルも、女子院生雑記録に改める運びとする。

 

今年度の目標はいっぱい決めた。いくつか、今思い出せるものを書いておこうと思う。

・早寝早起き

残念ながらこれは今まさに破られている。

・悲しみの交差点を越える

去年は宇宙一悲しいことがあったので、今年はその悲しさを超越する。

・愛になる

優しい気持ちで人に接する、くらいことを考えても言わない、攻撃的なことを言わない。

・勝つ

勝負があればかならず勝つ。

 

 

大学院生になったからと言って何も変わらない。そう思っていた気持ちが半分、いやわたしは永遠に進化しているよ、というきもちが半分、で始まった3月末からのわたしの暮らしだが、今は永遠に進化9.5割。あとの.5は寝ればおきない自分の性質。それだけは変われない。体力がないんですか?

 

昨年度、ついにわたしはかつてなかったほどに化粧、自分のビジュアルについて興味を持ち始め、これも精神の成長か?と自分に期待していた向きがあったのだが、残念ながら(?)、新学期が始まって、「やるべきこと」、つまり勉強だけど、がたくさん現れた瞬間自分の見た目への関心は0へ。結局昨年度がよほど暇だったのだな、という結論になった。

 

コロナで引きこもっていて、内に落ちる以外の方法で自分に刺激を与えることができていないので、ブログに書きたいようなことがポンポン出てこない。でも、今がきっとそういう時期だと信じているので、インプットにインプットを重ねて最強になる準備してます。若干のハイです。

 

ふとした時に今年25歳になることに思い至って、あと5年で30歳になって。でも私は今もごくごく自然な気持ちで大人になったら〜したい!というような思考を持っていて。これが世の中の仕組みなんだな〜としみじみするのです。20歳の時に成人式に出なかったから、ちゃんとオフィシャルに大人認定してもらえてないのがいけないのかね。とか言ってると本当に恐ろしい人間になってしまうので、何かしらの手を打ちたいとおもいます。いい歳なんだからって言ってくる親のありがたみ感じて。

 

あと変わったことは、エレファントカシマシが好きになった。めちゃいいでほんま。

 

 

小さなことからコツコツと

小さい頃から何度も聞いた、体に染み付いたリズム、西川きよし師匠のお言葉。でもなーんにも、この言葉を理解していなかったなと思う。

何か素敵なことをしたい。私の中でのこの素敵なこと、はもうすでに固まってきているので、何かしないといけない。いつも大きいことをしたいと思っていたりもする。子供の頃、夢はなんですかと聞かれる。学振の書類を作成する、今も聞かれる。じゃあ何が変わったの?具体的なことを答えなきゃいけない。今までずっと突き抜けたゴールだけを見て、途中の方法を考えないで、あるいは超短期的な目標だけを見てやってきたけれど、できることからやらないと本当に何もできるようにならない。わたしにはその、中間がない。

だからやっぱりわたしは今まで頑張ったことがないと思ってきたけれどその認識は誤ってなかったと思う。何か大きいことをしたい、その気持ちだけがはやるので、3月は生活リズムを正して体力を作って、4月からコツコツとはじめられるように余裕を貯金していくことにする。(できるんか?)

私信です

 

先週、大学で所属しているプログラムの学生で集まって話をする機会があった。まる二日かけての合宿のようなものが企画されていて、オンラインではあるけれど、一日中ほとんどずっとzoomの部屋に入り浸って朝まで話したりした。友達というほどの間柄でもないんだけど、その辺の知り合いよりは真実を話し合えるような間柄の数名と、朝の6時くらいまでおしゃべりしていた。

その時に気づいたけど、どうやら私の友達基準は結構厳しいみたいです。好きと嫌いなら好きのゾーンには入っているけれど、友達なのかなんなのかわからない人が、たくさんいる。友達は自分にとってどうでも良くない人、いなくなったら、悲しいとかじゃなくて(実際)困る人、そうじゃない人は私の中では友達と自信を持っては言えないようです。相手は自分のことを友達と思っていないかもしれないから、という自分の格好つけな部分も多大に影響しているとは思うけどね。好きでいるより、好かれたい、みたいな。

ともあれ友達が少ないのは事実で、その理由の一つに、自分の価値観を歪めたくないから、と言うのがある。自分の考えと離れた人が友達で、うんそうだね、ってその価値観だけを放っておくことがうまくできない。というか、友達が明らかに歪んだ考えを持っていたら正したい。それが人に対する愛だと思う。だから、友達をたくさん抱えすぎると手が回らなくなって、愛で居られない自分のことも嫌になるし、友達の嫌な部分に触れないままにその嫌だけが増幅して行って、実際会えば楽しくて、いいひとで、また嫌な気持ちになって。繰り返しています。だから極力そう言う思いをしないように、友達の線の中にはほとんど人を入れないように、愛を持って接することができる人だけを、そう言う人が周りにいる人だけを、もともと愛な人だけを、そんなことは全て捨ておいても好きな人だけを・・・。

そして、友達とは別の魂のお友達を何人か、私には今まで2人です。これは愛になりたい人、愛になろうと頑張る人、愛でない自分に心を傷つける人。怠惰で、諦めかけています。

 

私も最近悲しいことがありました。ちょうどその合宿で、プログラムの企画として面白いアイデアを出そう、と言う話し合いの場が設けられ、私は自分の感情の赴くままに、結婚・出産にフォーカスした研究キャリアとライフプランについて考える会を開く、と言う案を出した。まあ、地雷踏み抜きそうではあるけど、プログラム自体が半数女性という特殊な環境だったのと、まさかここまできてそんな愛のない人はいないだろうと、発表したら、無記名アンケートにて、「自分のライフプランに結婚・出産を含めてない人には魅力がない企画です。(まあ、参加しなければ良いという話ではありますが)」というコメントを残した人がいて、私はブチギレ、東京は焼け野原になりました。まず、マイノリティに配慮することと、マジョリティ向けの企画をすることとには関係がないし、(〜〜)に書いたことをわかってるならそもそもコメントしてこなくていいし、コメント者に愛がない。そんな人に心をかき乱されすり減り、一週間経ってもまだ悲しいしイライラしている。ぽちぽち打ち込みながらまたふつふつとして来ています。そして、こういう嫌な経験から、性別や、精神疾患、障害などの問題からますます目を背けたくなる自分にも愛がなくて悲しいです。でもあまりにも感情が先行しすぎてると思うねん。。。でもこの話はもうやめます。

 

もう3月になるし、梅とか見にいくと楽しくて良さそうですよね。

 

 

パジャマも長袖

眠りにつくとき、私にくっつきながら、人生つまらないなあとしんみりいうので、悲しくなって涙が目に溜まった。そのまま眠ろうとするので、涙をこぼしてみたけれども、長袖の腕に落ちても気づかれない。やっぱりそのまま眠ろうとするので、目をゴシゴシ擦って鼻をすすってやると、ごめんねそういうつもりで言ったんじゃあないよと、ようやくこちらを見るのでした。

16ビート

ハロプロにハマった女です。今週は最注目のアイデア16ビートに着目した生活を送りました。

わかったこと、私は基本せっかちなのだが16ビートは早すぎる。滑舌が悪いので16ビートは早すぎる。野菜を切るには16ビートは早すぎる。個人的には青春Nightの『明日も君がいなきゃね 全部終わりの算段』のところが16ビート感じます。

来週毎日早起き9:00になるまでに起きれたら、再来週はgo karaokeするというご褒美を決めたので、がんばります。