女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

ロート

目が乾けば目薬をさすようになった。この1ヶ月内についた習慣のひとつ。ほかにも、毎朝洗顔をし、化粧水、美容液、乳液などを塗る。風呂上がりにもこれをする。歯ブラシは五分以上。鼻呼吸を意識する。などなど細々としたことを、色々とはじめた。

 

はじめて数日のこともあるが、すべて面倒になった。自分のためにこんなことをしなくてはいけないのか。自分のために意識的に何か働きかけをするなんて健常人間なら平気でできることなのかもしれない(できるできないとかいう振り分けをそもそも思いつかないのが健常者らしい)が、わたしにとってみれば日々頭をひねりひねりして出しまくっている、繰り返しの日常を避けるための手段の1つに過ぎない。とはいえ、必要度は、たかそうなものばかりで、昔身につけた毛を剃るという苦行は課金により無事取り除かれたわけだけど、今挙げたようなものは課金でとり除けなさそうな感じがしてとても面倒。

 

目的のない作業は飽きがくる、ということを何度も確認しては忘れたことにして。

 

 

そんな(私にしては)多すぎるルーチンに嫌気がさしたのかなんなのか、手に入れたばかりの給料を全部ダメにしてしまいたくなった。いっぱい服を買って持って帰ったけど、どれも要らなかったので、明日返しに行かないといけない。お腹減っていないのに無理やりご飯食べる時と同じ気持ちだったけど、服は買っても返せるから、こっちの方がいいかなって気持ちになった。