女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

とらわれ日光浴

 

新学期を迎え、心が新しくならない。なにも変わらない、今年はまだ誰も送らない。新しい顔として、高専からの編入生がやって来たけれど、一定の距離以上に踏み込んでくる&ゆきたいパッションは感じない。わたしは塞ぎ込む、常ならそうだ。でも今年は少し違う。毎朝いきがけに、コンビニで野菜ジュースを一本買うほどのやる気がある。構内に入って、緑になった葉っぱを透かして太陽を見る元気がある。留年したので、なにもできることが増えないけれど閉塞感がない。

他人のために頑張ると言う他力本願ジョブの私は、期待されることがないと落ち込んでるのかもしれない。わたしがしっかりした人間であることを、期待されている限り、それに応えることがやりがいであり生きる歓びになって来た、という自覚はある。だからバイトも結局大好きだし、頼られることも好きだし、それこそ好意ある人に何かを要求されれば可能な限り満たしてあげたいという気持ちがある。

今の環境を見直すと、大学生の生態を知らない人と付き合っていて、彼のひとの想像する限りの大学生、大体は忙しくて朝から授業で、課題がたくさんあって、、、これをこなす自分を見せることを要求されているように感じる。そのために4時半に寝たって10時半に登校できる。バイタリティに溢れる自分を要求されているように感じる。寝てなくても遊びに行けるし、バイトもいっぱい頑張れるし、相手のことを大好きでたまらない女を演じられる(?)。まあ、このスタンス自体は毎回変わらず、これが本当の自分の気持ち、性格なのか?と疑うことを繰り返して来た今までだけれども、今はまだそこまで来ていない。数ヶ月後が恐ろしくもあるが、今回は行けるという謎の自信もある。

疲れて来たら休憩するっていうことを許してくれる相手は貴重だ。わたしも優しく、他人のしんどさを見守る人間になりたい。