女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

久々にむりになってしまいました。

 

昨日の夜急にむりになってしまった。

ほんとは、数日前からずーっと眠くて気を失うように眠ったりしてたから、急にではないかもしれないけど、急にきた。

 

でも今もうブログに書けるくらいの元気にはなってるからもう治ったと思いたい。

 

このむり現象は、記憶にある限りでは小学校一年生の時にはすでに体験した覚えがある。

 

夜、布団に入って何を考えるでもなく考えていると、ある日突然気がついた。私って本当にいるとは限らないのでは?かなりこれはむり状態のときの私の考えとはズレてるけど、言葉で表そうとするとこう書くしかないのだ。

 

押さえ込んでも押さえ込んでも、「宇宙ってどうやってできたのか」「人間って本当にいるのか」「今私が考えていることは本当に自分で考えてるのか」みたいなことが頭のなかにぐるぐる回って落ち着かなくなる。哲学か?みたいな感じだけれど、全くそういう落ち着いた精神状態での思考ではなくて、単なる衝動的な思考があるだけ。自分の目の前にあるものすべてに恐怖していて、一種のパニック状態なのかな。ものすごい勢いで頭の中を同じことばかりが駆け巡って、答えを探そうともしていないのに見つからないことにさらに焦って、思考が脈打つというか、肉体から精神がはみ出てしまって、外側から自分を見ているような感覚。肉体からは全く何も感じなくなる。小さい頃はもう少しマシだった気がするけど、大声で喚きたくて、頭かち割って頭の中拭き掃除したいみたいな気持ちになる。うまく言葉にできない。素朴に、えっこの世界って何?って思うみたいな…。このうまく言語化できないことにもイライラするし本当にむり。書きながら若干パニクってきた。

 

基本は夜にしか起こらないし、今は頻度がかなり、昔よりも減っていて、本当に昨夜のやつも二年ぶりぐらいに起こったのですが、同じようなことが昼間にももっと頻度は下がるけれどおこります。

 

やっぱりなんの前触れもなくその思考は現れる。何をどう考えたらいいのかわからなくなって、昼間は夜と違って恐怖よりも怒りのような感情で支配されて、頭が爆発しそうなくらいに思考が加速されて脈打つ。発狂しそうになるけど、大抵図書館とか、駅とか静かな場所で起こるのでどうにもできない。

 

昼間に起こるむり現象は、誰かと話すとか、バイトに行くとか、人に接する場所に自分を置くと大抵そのうち忘れて治ってしまう。また何ヶ月、何年後に現れるけれど。

 

夜に起こるむり現象は、ひらがなを50文字一生懸命頭のなかで習字して、それが終わったらアルファベットをまた頭から丁寧にゆっくりと習字して、それが終わったら知ってる人の名前を習字して、とにかく別の何かを頭の中に大きく置いて、むり考えに自分が到達しないように阻みながら、眠気が来るのを待つしかない。

 

 

小さい頃は、本当にどうしたらいいかわからなかった。布団を叩きまくったり、腹筋しまくったり、部屋の中ぐるぐる歩き回ったり、真面目にむり考えに向き合って考えてみようとしたり(これは絶対に失敗する)、それこそ、宇宙の学習事典でお勉強してみたりしたけれど、どうにもむり現象が緩和されなくて、ある日普通に限界がきてめっちゃ泣きわめいた。

 

パパに上に書いたようなことを聞いたら、パパも昔同じようなこと考えたことがあるって言ったから、その言葉でだいぶ救われた。じゃあどうやって対処したのと聞いたら、考えてもわからんから考えるのやめた。と言われてそれはにげや!と怒ったことを覚えている。そしてさらに、父が「でも今はなんでわしが生まれてきたんかというとお前たちと会うためやったと思ってる」って言ってきて、違う私が言いたいのはそんなことじゃない、そんな間に合わせみたいな答え言うなよ、って絶望したのを覚えている。(本当にごめんなさい)

 

今日の夜もまたむり現象が起こることが恐怖すぎる。年々頻度は下がってるけれど一回が重くなってきているような気がして怖い。

 

同じような経験したことある、している人がいたら教えて欲しい。