女子院生雑記録

22時ちょうど 東京駅発

4月終わる!大人

 

ブログを始めてから、三回目の自己紹介記事になる。わたしは女子大を卒業して、他大学の大学院へ進学し修士1年になった。ので、ブログのタイトルも、女子院生雑記録に改める運びとする。

 

今年度の目標はいっぱい決めた。いくつか、今思い出せるものを書いておこうと思う。

・早寝早起き

残念ながらこれは今まさに破られている。

・悲しみの交差点を越える

去年は宇宙一悲しいことがあったので、今年はその悲しさを超越する。

・愛になる

優しい気持ちで人に接する、くらいことを考えても言わない、攻撃的なことを言わない。

・勝つ

勝負があればかならず勝つ。

 

 

大学院生になったからと言って何も変わらない。そう思っていた気持ちが半分、いやわたしは永遠に進化しているよ、というきもちが半分、で始まった3月末からのわたしの暮らしだが、今は永遠に進化9.5割。あとの.5は寝ればおきない自分の性質。それだけは変われない。体力がないんですか?

 

昨年度、ついにわたしはかつてなかったほどに化粧、自分のビジュアルについて興味を持ち始め、これも精神の成長か?と自分に期待していた向きがあったのだが、残念ながら(?)、新学期が始まって、「やるべきこと」、つまり勉強だけど、がたくさん現れた瞬間自分の見た目への関心は0へ。結局昨年度がよほど暇だったのだな、という結論になった。

 

コロナで引きこもっていて、内に落ちる以外の方法で自分に刺激を与えることができていないので、ブログに書きたいようなことがポンポン出てこない。でも、今がきっとそういう時期だと信じているので、インプットにインプットを重ねて最強になる準備してます。若干のハイです。

 

ふとした時に今年25歳になることに思い至って、あと5年で30歳になって。でも私は今もごくごく自然な気持ちで大人になったら〜したい!というような思考を持っていて。これが世の中の仕組みなんだな〜としみじみするのです。20歳の時に成人式に出なかったから、ちゃんとオフィシャルに大人認定してもらえてないのがいけないのかね。とか言ってると本当に恐ろしい人間になってしまうので、何かしらの手を打ちたいとおもいます。いい歳なんだからって言ってくる親のありがたみ感じて。

 

あと変わったことは、エレファントカシマシが好きになった。めちゃいいでほんま。

 

 

世界を革命する力を

 

一昨日くらいから、radikoのアプリを入れて、ラジオを聴き始めた。寝る前に、目を使わなくても余計なことを考えずに済むのでよい。ラジオ番組欄を見ながら、昔スクールオブロックを聴いていた時代のことを思い出していた。中学生の時とか、10時にはお布団に入ってたんですよ。明日からそうするかね。

 

テレビをザッピングしたり、ラジオを回しながら聞いたり、家で人と人が話してるのを聞いたり、自分のものじゃない雑誌を読んだり、人が好きな曲を聞いたり、することってすごく重要なことであると近頃はわかっている。自分で選ぶ以外の方法で、ランダムにインプットを自分に与える事、人と交わる事でアップデートされる価値観が必要なのです。

でもランダムに与えるのって大人になればなるほど難しい、学校もないし、多分会社は学校よりも人間関係が希薄でしょう。無理にみんなで仲良くする必要はないから、結局自分で選んだことになるし。何でもかんでも自分で決めること、人生に関わることならばそれは自分で決めんとおさまり悪いけど、自分を客観的に見て成長を続けたいとおもう、豊かな心を見つけたいとおもうなら、人と摩擦することが不可欠なのでは?とおもう。

 

それで、人と摩擦する人になるために何が必要かと聞かれると、基本的に愛。いろんなものを見て否定から入らないこと、否定されることを恐れないこと、あの人にもきっとあの人の事情があるのだよと想像すること、誰にも怒らないこと、怒っても次の日にはそんなことないよなって思い返すこと。愛がないとあかんすよ。怒ってる人をみて、そんな怒らんでも、とおもうこと、人に悪口を言われたら、あらこいつはわたしが前に他の人に言ってたこととおんなじかも、これからやめよう、とおもうこと。ひとりの世界を守ること。仕方のないことが多いことをわかること。努力できない人を応援すること、頑張って無理だった人に休憩させること、深く知ること。自分がまだまだな人間だと認めること、もっとより良くなれる方法の存在を信じて努力すること。弱い人に優しくすること。自分が強い人だと思わないこと。自分に幸運があったとおもうこと。そしたら誰にあっても、嫌だと思っても、やりすごせるし、後から思い出して違う形で出力できる。これが受け身の愛、愛のvol2。卵の殻をやぶらねば、生まれずに死んでゆく。

 

まがりすぎ スペクタクル

 

今日は久しぶりに話す人と話した。私のブログを読んでくれているらしく嬉しく思った。人に読まれたい気持ちで書いてるわけではないけど、面白いと言われて嬉しさ100。

2時間ぐらい話して満足感、明日からもやっていきましょう感がもりもりになった。頑張っている人間が好きです、なことを再々再々再々認識した。話した後にやる気が出てくるような人って、私にとってはなかなかいないから、嬉しいよ。自分ももっとサボる時間を減らさないといけないのだが。

ここまでは今日のあまりの満足感から書いたけど、本来かきたかったことは以下続けます。

 

僕たちがなんとかしなければ、確実に世界は崩壊するのです。

最近私の古泉くんは不在、治安悪目。今の彼氏と、前の彼氏が見てる私は別人、高校の時に私を好きだと言っていた(?)男の子が見ていた私も別人、今日の私と明日の私は別人、毎日寝た瞬間と起きた瞬間の私も別人。電波なわけではなくて、涼宮ハルヒにあてられているわけではあるけど、それを抜きにしても別人。話逸れるけど、10年ぶりに真面目にみたハルヒ、なるほど、ラブコメじゃねーの。私の精神の成長なのよねこれが理解できることが。成長した私は自分を判断できなくなりつつある。他人と深く関わることは自己を相手と混ぜて溶けてゆこうとする行為、相手の思う私と、私の思うわたしとの戦い。その最中に気づく、わたしってなんなん?相手って誰なん?ここまでたどり着けたということはここが一種の平衡状態で、かなりずれた部分があるが、通称はたぶんマンネリ。そこから抜け出す方法その1、お別れしましょう(実行済)。これは良かったのか悪かったのかいまだにわからないし墓場でも解けない謎。でもその時わたしがちょうど忙しかったこと、ビビリだったこと、面倒に思ってしまったこと、相手も面倒に思っているんじゃないかと思ったこと、嫌われたくなかったこと、などなど様々な要因があってのことなのでもう仕方ない。方法その2、頑張りましょう(実行中) 。相手に何度も何度もぶつかりましょう。わたしは負けたくないのでメリケンサックをつけてフルボッコにしています。それに耐える相手もまた才能あるよなといつも思う。昨日電話で、なんでわたしにサンドバックにされてんのに平気なん?気にしてへんのか?と尋ねたところ、その辺の女と違ってちゃんといろいろ考えてくれてていいなと思う、というびっくり回答が来てビビった。こんなふうにわたしが相手のことを想像しきれないように、相手ももちろんそうなのだから、頑張って説明してゆくほかないだろうと思う。こういうのもあるで、これはどうや、いらんか。ということの繰り返し。

まあ最近は勉強、やるべきことに対して気力全振りなので、そういうこともしてない。電話やとまじただの喧嘩にしかならんし、相手が理解したかも確かめられんし、というのもあるが。そういう行動の頻度の低下は相手の存在を小さくするし、相手の存在がそんなことが原因で小さくなるっていうことにまた自分ってそんな愛ない人間?ってなったりもする。

全く、困ったものです。

 

 

クローバー

 

魔法が使える人は、四葉のクローバーをすぐに見つけられるらしい。わたしは今まで見つけた記憶がない、覚えているのは、三つ葉のクローバーの一葉をちぎって四葉にしたことだけ。

 

小さい頃父と出かければ、トイレに行った後誰もハンカチを持っていなかったから父のかたいジーパンでいつも手を拭いたこと、最近そればかり思い出す。

2回目のわたし

自己紹介記事です、昨年のものは、過去記事の海にぽちゃんとプールしました。それか、消してしまったかもしれない。

 

現在は、都内大学にて一浪一留4年生(二回目)をしています。昨年は卒業研究履修の資格がなかったので、今年から卒業研究やってます。有機合成をしているのですが、ちょっと気持ちが滅入っています。気が短い人間には手間がかかりすぎるのと、モノを作っただけでは達成感を得にくい人間なのとで、焦るばかりなので、本や論文を読んでなんとか正気を保っています。研究室にパソコンを持っていき、自宅がザコになってしまったので、おニューのタブレットを買いました。じきに紹介します(ダイレクトマーケティング)。

 

今は北海道大学に逃げたいです。とても面白そうなことをいろいろやっているので。

 

北海道の涼しい夏の日差しを浴びたいなあと、そんなことばかりを考えています。