女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

自己紹介

ふつうブログを開設したら最初の記事は自己紹介なんだよな、と他人のブログを眺めていて漸く気がつきましたのでここで自己紹介記事を一度挟ませていただきます。

私は都内某大学にて化学を学んでいます。学年は三年生、性別は女です。四年進級時に留年することがすでに確定していますので、何のあがきもせずともあと二年半は女子大学生(笑)なので、これを機にブログタイトルのほうも『女子大生雑記録』などという釣りアカウントかのようなタイトルに変更してみました。アイコンは金沢、月うさぎの里にて撮影したアンゴラウサギになります。

 

これくらいしか特筆できるようなことがらもないのですが、よろしくお願いします。

個人情報保護の意識が低いのと、情報の帰属もとを正しく見極められていないのと、その他の原因も多分あって、情報を正しい順番で文字に起こせていなかったり、個人情報だよそれ大丈夫?みたいな記事を書いてしまうこともあるかと思いますが気合い入れて読まないでください。

 

思いついたことを、思いついたときに、ちょこっと整理して書いてみようかなというだけのブログです。

 

不労収入がほしいので一流ブロガーになりたいという気持ちもあるけど。とりあえずアマゾンのアフェリエイト広告くっつけておくので、ポチポチしていただけると超感謝です(ダイレクトマーケティング)。

 

今回の広告は、私が今まで読んだ中で一番好きな本です。ぜひ読んでほしいな。この本の感想はまた今度書きたいことの一つです。

 

理由を考えるとき

感情と理性は完全に切り離せて、そのどちらもを意見や行動の理由として使えると思っている。この使えるは使うこともできるくらいの感じ。とはいえ理由になれるのはこの2つしかないとも思っている。他のをあげる人いたら教えて欲しい。

 

なんか書こうとしてること前書いた気もするけど自分の記事のカテゴリわけもタイトルも適当すぎて何書いたか全然探せないのでとりあえず書く。

 

このあいだ帰省したとき、高2の妹にこの話をまとめた小冊子(笑)をあげて色々説明してみたんだが(人生で初めて啓蒙的活動をした。妹が素直に全てを受け入れすぎてて完全に洗脳してる気分になった)なんか自分でまとめながらよく分からなくなったことがある。自分の価値観っていうのは一体どっちに帰属するべきなのか。今時点、頭の中では、やっぱりどっちにも入るよねえというかんじ。そしたらやっぱり理性も感情も結局おんなじっていうことにならない?これはぐるぐる回り出す予感がするデェ…。回ってんだよなあ…。

 

 

話変わるけど、たこ焼き屋さんでたこ焼き買うと箸にはならんけど、爪楊枝というには長すぎるしゴツすぎる串が二本必ずついてくるよね、あれ何。大阪ではほとんどたこ焼き買った記憶ないけど大阪でもついてた?

 

話は二転三転するものだよ。この間の記事で書いた新しいバイトの面接落ちちゃったんだけど(きっと態度が悪かったんだろうなあ)、ああいう子供を騙すような指導を売りにする大人は虚しくならないのかなあとおもう。可哀想な子供をたくさん生み出してそのことについて心を痛めないのか。勉強が嫌いなんだから、そういう子供には小技みたいのを教えてとりあえず受験突破させるとか、いうのは、やっばり気持ち悪いし絶対やりたくないな。やっぱりそれで生まれるのって家が金持ちだっただけの無能高学歴(笑)だよ。(最近のお気に入りワードです)これも本当は違うのかな〜。

 

尾崎豊の言う通り、これから先生きて行っても何もかもが自分の観念によって歪められて行くばかりなんだ。悲しい。割り切って押し行く以外に道はないのかな。失敗してから気づくことが大事と言うけど一番大事なのは失敗しないように頑張って準備することだよ。何も考えずにただ行動して失敗したら時間の無駄。寝てたほうがマシ。最近はどのような失敗が起こりうるかまで頑張って想像してみるようにしている。えらいなあ、成長を感じますね。

予想外の幸福

結婚式をしたい。これは人生上のチェック入れたいボックスリストの中でもだいぶ上の方にある。そのほか、妊娠、出産、など一通りの女性としてのイベントは体験してみたいと思う。ところが実際、あまりにも現実味がない。現実味がないというのは、恋人がいない、金銭的に苦しいなどというものではなくて、ただ単に自分が結婚し、妊娠し、出産するという様子を容易に想像できないということです。もっというと、自分の腹が膨らんで来て、お腹が痛くなって、股から赤ん坊が生まれうるという事実を本当の事実として認識していないということ。え〜〜こわいよーー。出産する自分を想像できる21歳ってどのくらいいるんだろう。単純に疑問。ついったーでアンケート取ってみよ。

 

昔から自分が想像していなかった幸福?を、与えられた時、私は不安になったり、自分がその場に見合わないような恥ずかしさを覚えたりしてきた。一番過去の記憶だと5歳?の誕生日にディズニーランドへ連れて行ってもらった時のことを覚えている。連れて行って欲しいと言ったのかどうかは覚えていないけれど、車の中で東京に来た時になんだ景色変わらねーじゃんと思ったのは覚えている。そして、ディズニーランドに入ろうと言う時、ゲートの手前から聞こえて来る楽しげなBGMにビビり倒し、お腹が痛くなって、恥ずかしくて帰りたくなった。そのあとどうしたかは覚えてないけどお母さんの手を握りながらお腹痛いって言い続けた。

 

その次に覚えてるのは、(もしかしたらディズニーランド事件より前かも)ムラサキスポーツの福引で一等を当ててしまった時。カランカランと鳴らされて、わけもわからずおめでとうとか言われてすごい不快になったし、不安になって逃げ出したくなった。

 

自我が芽生えてからはそう言うイベントへは極力心の準備のないままに飛び込まないようにしていたのであまり体験していない。もしくはひどすぎて記憶から抹消した?

 

話が戻って結婚式って体験したいけど、絶対にその場から逃げ出したくなる自信がある。結婚ってそんなに他人から祝われるようないわれのあるものなのかな。テメーの自己満足にみんな付き合ってやってんだぜぐらいのテンションで私の結婚式には来て欲しい。誰呼ぶかわからんけど。想像しただけで震えて来た。

バイトの研修

時給につられて新しいバイトを始めようかとブラブラブラブラ研修を受けに行った。なんと!三時間も拘束する採用前研修無給!まい●びさんはさ●っくすとはちがって大学生を舐めてるなあ。(さ●っくすは採用前研修長かったけど毎回時給千円くれた)

 

ま●なび家庭教師というやつに行ってみたんだけども、まずもってあちら側の口上がひどくて引いた。我々がこの事業を始めたのは大学生と一緒にビジネスをしたかったからです。キモい。私はビジネスしたくない。日銭が欲しい。雇われ講師でいいからお金だけちょうだい。

 

なんか巷ではやった?下●上受験というのを元にプロデュースしたカテキョ派遣らしいのだが。その下●上算数のやり方?をちょっと学ばされたりしました。なんかもう、受験のための小技集教え込みみたいでぞわんゾワワとした。やだやだー働きたくないこんなとこで〜〜。えーんえーん。無垢な小学生にぺてん師みたいなことしたかねんだよー。という気持ちになった………。よくわからなかったけどそんな気持ちになった。問題解くだけじゃ何も楽しくないよ…。私こんな家庭教師きたらいややもん。まじさ●っくすの

 

でも背に腹は変えられない、次回私は金のために魂を売りいたいけな小学生にペテンをするのか……!?!?

 

to be continued...

恐怖

あと1ヶ月で誕生日がくる。21歳になってしまう(時空の歪みをさまよっているので私は来年大学四年生だし再来年も大学四年生…ーそうだろ、いつだって俺たちはこうして生きてきたじゃないか!!!)。こうして生きてきたけれど、来年度末同級生たちは卒業し、大学院へ、あるいは就職へ。はっきり言ってどうでもいいがせいぜい頑張ってくれ。私はもっと上に行くよ。同級生たちに全く脅威を感じない。それがとてつもなく辛い。もっと私を焦らせて、がむしゃらに燃え上がらせてくれ。先生ももっとお前もっとちゃんとやれやとバシバシにしばいてくれ。言い訳する点が見つからないほどにパコンパコンにぺしゃんこに潰れたいよはやく。とっくに潰れていて気づいてないのが自分だけなんだという寒い事実が実は転がっているだけなんだったらそれははやく教えて誰でもいいから。

 

あと今日することは布の裁断とまち針うちと、文献検索の続き。そんで単語帳見ながら寝るんや。明日は10時には起きたいな。

 

小さい頃って雨の日はおもっきり水たまりを踏みに行ったよね。まあ高校生の時もやってた記憶あるしな。今はやらんけど、そんなん、自分で洗濯しなあかんし自分で部屋掃除しなあかんし当然やんと気づいた。心が大人になったわけじゃない。子供の頃だって洗濯物カゴに制服投げ込めば洗濯してくれるって知らなかったらきっと水たまりには飛び込まない。もし好きな子に水かけて遊びたかったらするかもしれんけど。

 

ばからしいことに感傷的にならないぞ。メロメロ21はあと1ヶ月で終わります。来たるストイック22へむけて鋭意調整中。いいかんじ。

 

がんばったことなんかなくないか

と思っただけです。というよりは、今までもずっと断続的に感じていたけどごまかしてきたんだよ。何をしてるわけでもなく、不満と至らない点ばかりを探して、やっぱり何もしない。

 

大学院、どこの大学を受けるか考えてみた。精神の安寧のために東大理学部は受けたいなあと思います。人生の早めにあと1回くらい頑張るチャンスを与えてください。あとは、京大を受けようと思います。正直金銭的には京大の方がベターです。むつかしいね。勉強しよう、自分。

 

とりあえず明日は、午前中に起きて、午後には文献探しと、TOEICの勉強をしよう。夜はミシンで遊んでもいいから。ちょっとずつ長く机にすわれるようにならなくちゃいけない。頭が鈍くなったのをフルに感じていて死にたくなってくるよ。

 

 

自己統制

お金がなくたってそんなこと言い訳にしてできないできない言ってるのはダサい。自分にはそれしかないんだから頑張ればいいじゃない。こんな言葉で騙されるのは一生地元で暮らすつもりしかないヤンキーだけやから。と思っています。私は地元を毛嫌いしているわけではないけれど、地元で一生を終えた後思う人間の気持ちは微塵もわかりません。大阪城とか超好きやけど。ちなみにいついかなる時でも、遊びに出かけたいのは北海道と遊園地です。

 

今月、4万円ほどお金が足りない計算になりガン病みして震えていたところ、母御が仕送り(という名の我が奨学金)を送金していなかったという事実が発覚しさらに鬱になりました。私が奨学金の全額を手にする日はくるのか………ッ!!もうムカついたので来月からバイトやめまーす!飢え死にを装えばお金も出さざるを得ないだろう。

 

下の上流階級から早く脱出したいよ〜〜とは思っているものの正直何をすればいいのかわからない。旦那様がお金持ちである以外にこれを成功させる方法はないと思っている。正直言って週5バイトを難なくこなせる私は社畜耐性あるんでないの?という感じではあるが、労働に金を稼ぐ以上の価値は見いだせないので障害続けろと言われると本当は嫌かもしれない。 あと研究室が本当に面白くなくてどうにもならないくらいただただ苦痛。混ぜ混ぜして化合物ができて何が嬉しいのかわからない。それが役に立つものであってもなくても興味が持てないし、時間の無駄としか思えない。もっとかっこいい研究がしたいんだけど。目立つヤツ。 少なくとも大学行っていいよ〜〜とか言いながら学費払えもしない、第一志望に落ちた娘に裏切り者とかいってヒスる親にだけはなりたくないな〜〜というのが今の素直な気持ち。大事にしていこうね。正直にいうと一生許さないし裏切られたのはこちらだと思っているよ。頭の悪い人間は親になっちゃいけない。

 

 ポジティブに捉えればなんとかなるものと気休めになるものとただのバカをみるものの3つがあるから。 な。

 

ここ最近は毎晩寝ても寝ても覚めても、自分がすごいヤツなんだとバカにもわかるようにするにはどうすりゃいいかを考えています。まあつまりは自分自身にということなんです。