女子大生雑記録

日々の面白いこと面白くないこと

記憶のあいまいさ、日常の速さ、余裕のなさ

 

本当に久しぶりに何にも追われていない平日なので、雑務をやりがてら、ツイッターを見ながら、以前に自分が書いた記事を読み返した。以前というが先月分の記事に過ぎない。書いた覚えのない記事ばかりだ。あたまのなかを占めていることも、ぺっと吐き出してしまえば、忘れてしまうようだ。書いているときには魂の叫びを文字に~といったような激しい感情の日もあるのに。特に覚えていなかったのは、この記事だ。

 

gomitamechan.hatenablog.jp

 たしかに、この試みをした覚えはある。自分以外の人間を主人公に据え、想像して、物語を書いてみようと思ったのだ。だが書いた内容が頭の間の中に全く残っていなかった。つまりは読んだ人もなんとも思わないような記事を貼り付けてしまったことになる!オーマイガー。誰が待っているわけでもないだろうけど、しょうもない、読む価値のない文章を見せびらかすのもなあ、という、生産者意識のようなものが生まれてきた。自己満足小説にいいも悪いもないから、せめて自分で面白いと思う文を書けるようになりたいなあ。

 

先にも少し書いたが、最近毎週のレポート課題、アルバイト、などなどに追われ、一日を冷静に評価する機会すら持てないままに毎日を過ごしている。これは本当によくないなあと、しんどさばかりがたまっていた。幸いにも今週は三連休、ミシンをして遊びたいので(趣味です)今日頑張ってレポートを終わらせようと思う。この土日月で、夏のパジャマを作り上げる。というつもり。話がそれたが、アルバイトは学生のミニ負担でしかないので必要に迫られない限りはやらないほうがいい。それはそうで、大学とバイトは二重労働だから。2018年上半期は、週6アルバイトで月に15万平均稼いだ私だが、アルバイト業からの撤退を決意した。もっと勉強しないと、と、焦る焦る気持ちが確実に心臓を早死にへと導いている。のんびりやれる家庭教師だけ続けようと思っていたら、昨日突然、私立の受験をやめることにしたので今日で終わりでお願いします。的なことを言われ、ほぼ無職になってしまった。これで、塾のバイトをやめる予定がおじゃん。悲しかった。

 

自分で管理できる予定がすくないことが一番心に負担をかけるということが、この五年くらいでわかった自分の性質の一つなので、これは守ってあげたい。話は重複して、課題、アルバイトにエネルギーを注がざるを得ない状況下で、趣味に割く時間を確保することがたいへんに苦しい。はっきり言って面倒だと感じる。私の趣味といえば、食事、睡眠、オタク業、読書、ミシン、などが最近力を入れているものだが、まず食事が億劫だ。睡眠は、横になるだけなので、一番これに時間を使うことになる。この二週間は1日1回の食事がやっとだ。面倒で仕方がない、体重が減ると悪循環なので避けたいが、なかなかうまくもいかない。徐々にがんばりたい。この二つで手一杯なので、他の趣味に着手できる日はまだまだ遠そうだ。周りを見ていると、元気なオタクばかりなのでびっくりする。どこにそんな気力があるんだ。わたしは本当はそんなにオタクじゃないのかもしれない。そしてまた、どこにも帰属意識を持てなくなって、布団という個人空間の住人に戻る。以下繰り返し。

 

頭を整理しようと思ったけど、あまりうまくいかなかった例として、この記事も残してあげることにした。

体調不良

 

6/25から、書きかけの記事を残してずっとほったらかしていた。ずっと体調不良なのだ。

右の肩、首が痛い。寝付きの悪さからくるのか、頭痛と体に熱がこもった感じ。

この体調不良に直接原因と言えるようなものはないと知っていた。あれば嬉しいがないのだ。だがあまりにも病院に行け行けと言われるので仕方なく、今朝行った。

本当は先週の夕方にも行った。肩が痛くって骨が折れてるんじゃないかと思ったから。

原因に心当たりはありますか?ありませんか?何が痛いの?どうすれば痛いの?どんな風に痛いの?

それらの問いに的確に答えることが難しくて吐き気がした。わからないですと言うしかなくて不満げな対応をされた。リハビリのお兄さんに電気治療をやられて2,3日熱を持ったまま肩がますます痛んだ。牽引と同じく電気治療も嫌いになった。肩はまだ今も痛い。湿布を30枚くらいもらった。二度と行かない。

 

そして今日。

内科に行った。近所のおじいさんの内科。待合室にいる時点で、自分がなんでここにいるのかわからなかったし、朝は体調がいいので症状も自覚できずにこれまた的確に症状を伝えることが難しく、胃がムカついて食欲がないいわゆる夏バテ的なものだと思われたくさい。漢方を処方された。1日3回しかもお湯で飲めと言われた。ハードルが高すぎる。

 

その足で心療内科に行った。友人が心因性の病気ではないかと言ってきたからだ。あと眠れなかったのでお薬が欲しかった。病院で海藻みたいな髪の毛をのっけた、おじさんと話した。あなたはうつ病と診断するには元気すぎてダメだそうだ。若者にはよくある、壁にぶつかって一時的にやる気を失ってるだけだからきちんと生活すれば元に戻るらしい。よ。きちんと生活できればこんなとここねえから。涙が出た。なんか病気の方が良かったし。ただただ毎日しにたいなーとかきえたいなーとか思い暮らせとのお達しである。みんな思うらしいから。4年越しに初めて行った心療内科だったが二度と行かない。

病院は総じてクソだった。

 

もうこの先の人生インフルエンザ以外で病院には行かない。

 

 

ぐえあ

 

夕方の帰宅ラッシュ前、ガラガラの電車だった。わたしと友人は遠くに行くはずだった。遠くに行くんだけれど、席が空いていなかった。なんとなーく友人は今日疲れていて座りたい雰囲気を醸していた。西日暮里について、どっと人が降りた。モタモタしていたら、空いている席が埋まって行って、2連で空いているのが角の優先席だけになった。友人が座ろうといい、わたしも特に何も考えず座った。東京駅を過ぎた頃だ。激しく後悔をした。目の前に杖をついたおばあさんが立ったのだ。その数駅前からすでに車内は混みはじめていて、全ての席が埋まったタイミングで、わたしはスマートに立ち上がり優先席を後にするべきだったのだ。完全に見誤った。どうすればいいかわからない。頭の中で吉野弘の詩が繰り返される。(吉野弘 夕焼け)わたしはやさしい心ではないので、怖くて、おばあさんが次の駅で降りるんじゃないかと、気がつかないふりをしながらツイッターをした。10分がとても長い。そろそろ発狂しそうになった時、神様の優しさを見た。電車がポイントを通過したのだ。まるで、今よろけるおばあさんに気がついたかのように、どうぞ座ってください、と満員電車の中席を譲る私。ありがとうねと感謝するおばあさん、席に座ったままの友人。地獄の時間が流れた。ウトウトしてた…。とバレバレの嘘をつきながら友人も3駅後くらいに立ち上がった。でもその事実も勇気があると思った、好きだ。向かいのヤンキー風の若者たちはついぞ立ち上がらなかったが、それもすごいと思った。

我々が関内で降りた時、おばあさんは、また私に向かってありがとうねとおっしゃった。本当にグッと恥ずかしさだけがやってきて、いえ、大丈夫ですから!とかいう微妙な返事をしてしまい、そのまま逃げるように電車を降りた。

二度と優先席は座るまい。

 

言いたかったことはその日の浜スタでは阪神が勝ちました。

 

 

ふぁぼ いいね の オキラク

 

私はSNSが好きだ。今やってるのはツイッター、インスタグラム、フェイスブック、このブログも入れれば4つ。好きな理由は文字が好きだから。いつでもなんでもいいから文字を読みたい。その点SNSは神で、知り合いの書いたものでなくても探せばそれこそ無限に文章が現れる。だが実際にはSNSで私が満足することはほとんどない。文字を読むだけでは満たされない欲がある。

 

1つには、文字を読むにしてもできる限り論理的な魂の叫びを読みたいという希望がある。○○しました。どこどこへ行きました、自分まだまだなんやな〜〜と痛感、明日からも頑張ろう〜!みたいなテンプレが溢れる。なあなあの決意表明、書く意味のない文章、読んでも透けてこない書き手の頭のなか。つまらない。まだ読んでて吐き気のする、顔本長文意識高い系の方がマシみたいなところがある。同じ質なら量を取るもの。

 

2つには、自分の発信に対してのレスポンスに不満がある。結局は寂しくてSNSに依存しているので、投稿に対していいね!ふぁぼ、つくだけではかなり不満なのです。魂の叫びには魂の叫びを返して欲しいと、密かに思い怒りさえ生まれる日もある。だからと言ってわたしも魂のふぁぼはしていますが。

 

最後に、人々、画像に情報発信担わせ過ぎ。

 

 

椎名林檎の発声

 

東京事変のアルバム、1枚だけ持っていた。正直にわかなので、2004年のアルバム、教育。東京へ越して来るときに荷物に入れて来たのだが、あけるとディスクが居なかった。急に思い出してプライムミュージックで検索をかけるとあった。嬉しいので朝から聞いている。

このアルバム聴く時は、雨が降って居て肌寒い方がいいなあとか思う。

東京事変の楽曲、口に出して気持ちいいものという認識程度にしか好きではないが、音楽の入り口としてはその認識はとても素晴らしいのではないか。耳が悪いからなのか、メロディがわからない。それぞれの楽器が作る効果音の連なりのように聞こえる。2,3曲を除いて椎名林檎の声もその効果音の一部としてしか捉えられない。歌詞は全く頭に入らない。長く聞けば雑音にさえ聞こえる。でもほんのたまにとても好きな音が入る。そのために1曲を頑張って聞いている。